弁護士に相談して苦しい問題をオールクリア~損をしない選択肢~

弁護士

役立つ基礎意識

これまでの税理士の役割の歴史

女性

日本における税理士の役割は、個人や企業が正しく納税をするためにサポートすることです。特に確定申告に向けて複式簿記で記帳したり、書類に記載するためには専門知識が必要であり、そのような場面で税理士を活用したのがこれまでの歴史です。また現在でもそのような基本的な業務は以前と同様である一方で、会計ソフトの導入のようにIT化も進んでいるのが最近の大きな変化です。また日本でも消費税が導入されるようになると、納税のために自営業者が税理士を活用するようになったのが大きな変化です。更に税理士がファイナンシャルプランナーの資格も取得するなど、資産運用の相談でも大きな役割を果たしているのが近年の特徴です。また個人の税金に対する意識も高まっているので、相続税や各種控除に関する相談で活用するケースも多いです。

将来の見通し

今後の税理士の役割は、日本社会の高齢化の進展と合わせて考えることが重要です。特に中小企業経営者の高齢化が進む中で、事業承継の相談で活用するケースの増加が想定可能です。その場合には若手経営者にスムーズにビジネスを移行するために、コンサルタント的な役割が期待されるでしょう。また個人の場合にも相続税対策がより一層重要になるので、不動産経営を行う場面で税理士を活用するのが今後のトレンドです。その場合には不動産会社と連携しながら、相続税対策として最適な賃貸経営プランの提案が行われるでしょう。また将来的にはインターネットを活用した相談サービスも登場するなど、時代のニーズに合わせたサービス展開が業界内の大きなテーマです。