弁護士に相談して苦しい問題をオールクリア~損をしない選択肢~

弁護士

急な相続問題

PC

身内の不幸というのは突然やってくるものです。故人に不動産など、遺族に相続をする遺産がある場合は、受け取る遺族側に遺産の相続税支払いの責任が生じます。相続税からは故人の葬儀費や債務などを差し引いたものです。差し引いたものの大きさによって支払う相続税の大きさも異なるでしょう。その計算法はそう難しくないものですが、素人が計算をし、正しく支払い手続きを図ることは難しいでしょう。遺族が相続をするものには、プラスになる不動産や現金、物といった遺産の他に、マイナスとなる借金も含まれています。遺産を相続すると決めたら、プラスのものもマイナスのものも遺族側でまかなうことになります。故人の遺したものには何があるのかとしっかりと把握してから、相続するか否かを判断するようにしましょう。

相続をするか否かの判断は、故人が亡くなってから3ヶ月以内に行う必要があります。税に対しての知識があまり深くない人であれば誰でも、その期限の存在を把握していないものです。もしも故人に借金が存在し、プラスとなる遺産よりも大きいのであれば、遺族は相続放棄をすることももちろん可能です。しかし、期限の存在を知らないままでいると相続放棄の期限が切れ、マイナスとなる借金の相続までもすることになります。この期限の存在はとても大きく、くつがえすことは到底難しいものです。税理士はこのような問題解決に対しても力強く対応しています。大きな問題にならないよう、身内が不幸に見舞われた際には、どのような遺産があるかを把握していなくても、身近な税理士に対して相談をするよう心がけましょう。