弁護士に相談して苦しい問題をオールクリア~損をしない選択肢~

弁護士

黙らず強気の示談交渉

黙っていると大損をするかも

女性

交通事故の被害に遭ったとき、普通は損害賠償を受け取れます。しかし多くの方は、その金額が少なすぎることに驚くと言われています。賠償金の額を提示するのは保険会社ですが、会社としては当然ながら、支払う金額が少ないほど儲かるわけです。保険会社は交渉ごとのプロであり、交通事故の被害者は素人です。しかも事故で肉体的にも精神的にも大きなダメージを受けており、まともに交渉できる状態ではありません。黙っていると低い賠償額を、そのまま呑まされてしまいます。 このようなとき、交通事故に詳しい弁護士に相談すれば、賠償額が大幅にアップすることがあります。裁判にならなくても、示談交渉の結果次第で、賠償金が2〜3倍になることが珍しくありません。

弁護士の専門知識を活かしましょう

損害賠償以外にも、たとえば後遺障害の等級認定で、弁護士の知識が役に立つことがあります。障害の等級を不当に軽く認定されたときは、異議申立を行なって正当な等級に変更させることができます。交通事故のせいで生活に困窮しないためには、こうした事故後の処理が非常に大切です。 ただし、どの弁護士でも同じというわけではありません。交通事故を扱うには法律だけでなく、医療や保険についての詳しい知識が必要です。ですから交通事故の処理に実績がある、専門知識の豊富な弁護士を選ぶのが重要です。 万が一交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手の言いなりになって示談に応じることは避け、まずは信頼の置ける弁護士に相談することをお勧めします。