弁護士に相談して苦しい問題をオールクリア~損をしない選択肢~

弁護士

救いを求める場所を探す

問題のとらえ方にもよる。

弁護士

当初はうまくいっていたはずの結婚生活がうまくいかなくなる時はどんなときでしょうか。最近の多く寄せられている問題に夫婦間の暴力があります。交際当初はわからなかったけれども、結婚したらすぐに暴力をふるうようになってきた、ドメスティックバイオレンスというものですが、これが恒常的に行われている現状はかなりあるようで、中には相当深刻なケースもあるようです。もしも、離婚相談として主要な問題がこれである場合には、男女参画センターとか婦人相談センターなどの行政機関が適宜懇切丁寧に対処方法やアドバイスを教えてくれます。これらの施設は、横浜や千葉、川崎や大阪などの広い範囲にあるため、身近な場所を探してみると良いでしょう。特に最近ではDV関連の離婚相談や避難施設のあっせんなど取り組みにも機能的に充実してきたようです。

積極的に活用してみる。

このようなDVのケースには、本当に深刻なものやちょっと疑わしいもの、別の問題がメインであることもたくさんあるようですが、それでも離婚相談としてはこのような行政機関が応じてくれますし、利用は無料ですので、訪問してみるのも意義があると思います。夫婦関係にはいろいろあって、慣れてくるものもありますが、高齢化社会になってもそのような夫婦間暴力は衰えていない場合がありますから、周りの家族もよく注意を払う必要があるでしょう。幸いにもそのようなことに無縁の方は、こうした問題で困っている人たちがもしいたなら、このような各種の施設を紹介してあげてほしいと思います。もちろん法律的なことになると離婚相談は弁護士と言われますが、具体的な対処方法を教えてくれるのは案外このような行政機関の窓口からなのです。

役立つ基礎意識

女性

税理士は従来から記帳や確定申告の準備などで大きな役割を果たしてきましたが、最近では会計ソフトの導入サポートの利用も一般的です。将来的には事業承継や相続税対策でも大きな役割が期待されているのです。

詳しくはこちら

急な相続問題

PC

身内が亡くなった際に、故人に不動産など遺産相続できるものがあれば、遺族に相続権が生まれるでしょう。相続権に関して、困難となる手続きも多くなります。手続きのサポートを税のプロとも言える税理士が行います。

詳しくはこちら

黙らず強気の示談交渉

女性

交通事故の賠償金は小額であることが多いです。しかし、保険会社相手に黙っていると損をしてしまいます。弁護士に相談して賠償金の請求額を正当な金額で貰えるようにしましょう。

詳しくはこちら